中古の複合機を簡単に比較したいなら「複合機の達人」がお勧め

By adminNo Comments

どんなに小さな企業であっても、複合機やコピー機は必要な機器ですよね?
既に導入されていることと思いますが、リースやレンタルの期限が迫っているのであれば見直しをしてみてはいかがでしょうか。
リース会社・レンタル会社での相場や、購入によるコスト削減の方法などを簡単に見極められるサイトが「複合機やコピー機をリース・レンタルで比較(中古も対応可)複合機の達人(http://www.hukugouki.com/)」です。

複合機とひと言で言っても、中古から新品まで機器の幅は広いですよね?
実際に使用をしてみると、全く使わない機能に気付いたこともあるでしょう。
必要のない機能が搭載されている機器を導入してもコストの無駄になります。
複合機の達人で見積もりを行えば、本当に必要な機器をリース・レンタル・販売で比較できます。

見積もり依頼は必要事項を記入して送るだけです。
2分ほどで見積もり依頼ができるので、これからの導入にお役立てください。
取扱業者は全国から選べ、業者が少ない地域であっても近隣から紹介してもらえるから便利です。
どのような業者が登録されているかをご覧になりたい場合は、複合機の取扱い企業一覧から地域を選択して確認してください。
お問い合わせ実績の一部もご覧になれますので、どのような用途で見積もりを依頼しているのかも確認できます。

未分類

神無月・法の日・ボスの日・デザインの日

By adminNo Comments

関東では台風26号の被害あを受け、富良野や帯広では雪が降り積もり、日本中がとんでもないことになっています。
これも、地球温暖化と関係があるのでしょうか。

10月の雪って早くないですか?
10月といえば、神無月、日本中の神様が出雲大社に集合するため、各地の神社には神様がいなくなるから「神無月」といわれています。

神無月にも、いろいろな「何の日?」があり、法の日、ボスの日、引越しの日、デザインの日などなど・・・・。

デザインの日で思い出しましたが、デザインガラスをご存じでしょうか。
デザインガラスの詳しいことは→こちらのホームページをご覧になって下さい。
とても素敵です。

ところで、デザインの日というのは旧通商産業省、現在では経済産業省が1959年10月1日にデザイン奨励審議会が設置されたことに絡んで制定した日です。

さらに、経済産業省では8月8日を「キッズデザインの日」も制定しています。
これは、内閣府認証NPOのキッズデザイン協議会と経済産業省が連携して、子どもにとって完全安全に成長できるための生活環境などのデザイン普及を目的としています。

コンセプトは、子どもたちの安全・安心に貢献する、子どもたちの創造性と未来を拓く、子どもたちを産み育てやすい、この3つを目的としたデザインです。

なんで「キッズデザインの日」が8月8日なのか・・・。
その理由は、「ひな祭りの3月3日」「こどもの日の5月5日」この両方を足すと、8月8日になるからだそうです。

インテリア関係

あらゆる企業の販売管理にフレキシブルに適応、「GRANDIT」のERP

By adminNo Comments

販売管理でERP(統合業務パッケージ)の導入をお考えの経営者の皆さま、担当の皆さま、次世代ERPコンソーシアム「GRANDIT(グランディット)」→販売管理をご紹介します。

コンソーシアムとは、2つ以上の団体や企業からなる団体のことですが、まだ日本の企業に合うERPがなかった時代、ユーザー系SI企業が中心に立ち上げた会社が「GRANDIT」です。コンソーシアム方式の最大のメリットである、複数社のノウハウを活かした使いやすく偏りのないERPパッケージ構築を可能としています。

「GRANDIT」は完全Web操作・運用で統一しています。顧客・仕入先・社内とばらばらだった端末を一つに統合、端末保守メンテナンスからの開放、同一マスタによるEC構築などが可能です。「グループ経営管理ソリューション」により、グループ内の一般会計システムや各種業務システムのデータを仕訳や明細レベルで統合することができます。
また、社内の基幹業務はもちろんのこと、企業グループや取引先までをシームレスに結ぶ情報化と最適化を実現しています。経理、債権、債務、販売、調達、在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費の計10モジュールから構成されていて、優れた総合力により、あらゆる企業規模、業務特性に適応して、フレキシブルな導入形態を推進します。

その他にもビジネスインテリジェンスが標準装備されていること、自動お知らせ機能があることなどが「GRANDIT」が選ばれている理由の一部です。完全Web-EPR実績No.1の「GRANDIT」で、あなたの会社の生産計画や経営戦略が飛躍的に進歩することは間違いなしです。

ビジネス
Blue Taste Theme created by Jabox